競馬が初めての方から玄人までの全ての競馬ファンに送る無料予想サイト

はじめての競馬.com

はじめての競馬予想に役立つサイト

初めて本気で好きになった馬

読了までの目安時間:約 3分

競馬を初めて見るきっかけとなるのは、友達や恋人、家族が競馬が好きだったという人は少なくないのではないでしょうか?
馬が命をかけて真剣にレースをする様は、見るものに感動を与えてくれます。
最初はテレビ観戦や、ウインズ等、競馬場以外で競馬を見ていた人も、やがて競馬場で生でレースを見てみたいと思うようになってきます。

競馬場で見るレースは本当に鳥肌がたつほど興奮します。
パドックでの綺麗な馬の馬体。観客の真剣な眼差し。本場場入場の臨場感。
レース本番の飛躍感。目前を走る優駿達の豪快な足音。そしてゴールを一番に駆け抜ける優勝馬。
1着になった馬は誇らしげに振る舞い、厩務員さんや馬主さん、関係者さん達は心から喜びます。
その様子をウィナーズサークル前で見ると、いつかは馬主に、いや個人馬主が無理でも一口馬主なら、などと思ったりもします。

そして競馬を始めると、段々と好きな馬が出てきます。
強い勝ち方をした馬。中々勝てずいつも2着や3着の惜しいレースばかりする馬。見た目が白毛や尾花栗毛のような派手な馬。
理由は本当に人それぞれですが、馬を本気で好きになるとずっと応援したくなります。
レースに出るたびに馬券を買い、絶対に勝ってくれと本気で応援し、優勝してくれると歓喜の涙を流す人も多いです。

やがて時が流れ、大好きな馬が引退する時期がやってきます。
牡馬が種馬になれる確率はかなり低いですが、優秀な成績を残してくれると種馬になることができます。
牝馬はある程度の成績を残すと、産まれ故郷に繁殖牝馬として帰ることが出来るようになります。
残念ながらいい成績が残せなかった馬たちは、地方競馬に行ったり、乗馬馬となったりして、それぞれ第二の馬生を歩み始めます。

種牡馬になったり、繁殖牝馬になった場合、北海道に帰る場合が多いです。
見学できない牧場もありますが、運が良ければ大好きだった馬に逢いにいけることもあります。
年明け~夏の間は種付けや出産時期なので牧場見学不可のところも多いですが、夏から秋にかけては最高の牧場見学の時期になります。
カメラを手にした学生さんや社会人の方々が、馬が草を食んでいる姿や、厩舎で少し眠そうにしている姿を一生懸命撮る光景が、各牧場で見られるようになります。

そして大好きだった馬が父馬や母馬となり、やがてその仔が競馬場に帰ってくるようになります。
その仔が一生懸命走る姿を見られるのは本当に幸せなことなのです。
初めて競馬を見た日。自分が競馬をここまで好きになり、大好きだった馬の仔のレースを見ているなど、想像つかない方もいるかも知れません。
ですが、競馬には不思議な魅力があり、一度馬を本気で好きなると中々やめられなくなるものなのです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめての方でも安心
今週の無料予想
体験談
コンテンツ
Information